○○のお店 本文へジャンプ



レバノンのまとめ


          ※クリックすると拡大します。




レバノン経費 4日間


●食 費:174750LP(約10,485JPY

 

●宿泊費:90000LP(約6,840JPY)/4

 

●雑 費:1500LP + US34(約3,150JPY

 

●土産代:25750LP (約1,545JPY

 

●観光費:19000LP (約1,140JPY

 

●交通費:24000LP(約1,980JPY

 

移動費:42000LP (約2,520JPY

 

(長距離バス・セルビス・タクシー:4回)

 

LP=約0.06円(200911月現在)

 

移動費・土産代を除く、1日あたりの平均

・・・77313LP + US14(約5,899JPY)

 

合計:377000LP + US56(約27,660JPY



レバノの行程

2009年11/28(土):1日目(全工程330日目)>


国境で交渉するも、1ヶ月の無料ビザは夏季のみの実施だ

と言われ、15日ビザを取る。

所要約15分、25000LP(US17)/per。


※ガイドブックにはホムスから行ける国境はアブーティア

 とあるが、あとで確認すると新しく出来たブガヤ国境と

 いうところだったらしい。

 また、アブーティエとアル・アリーダは1ヶ月無料ビザ

 の発給確率が高いとあるが、周辺の宿の情報ノートに

 よると最近はアブーティエのみらしい。


※我々はレバノンポンドを持っておらずUSドルでの

 支払いが可能だったが、国境によってはレバノンポンド

 のみといわれるケースが多い模様。


 ↓


セルビスでトリポリへ。
所要約1.5時間、US3/per


 ↓


トリポリの宿に宿泊。ドミトリーUS8/per。

 

 

 

 

2009年11/29(日):2日目(全工程331日目)>


バスでブシャーレへ。
所要約1時間、4000LP/per


※観光案内所付近から1時間毎に出ているらしい。


 ↓


レバノン杉群生地に向かってしばらく歩き、途中声を

掛けてくれた現地人の車で群生地へ(ヒッチハイク)。

下りは景色を見ながら歩いた。


 ↓


バスでトリポリへ戻る。
所要約1時間、4000LP/per


※最初に降りた教会前から1時間毎に出ているらしい。


 ↓


昨日の宿に連泊。

 

 

 

 

2009年11/30(月):3日目(全工程332日目)>


バスでベイルートへ移動。所要約2時間、LP2000/per。


 ↓


ベイルート観光。


 ↓


ベイルートの宿に宿泊。

ドミトリー18000LP(US12)/per。

 

 

 

 

2009年12/1(火):4日目(全工程333日目)>


ベイルートのコーラから、セルビスでバールベックへ移動

所要約2.5時間、LP/per


 


バールベックからセルビスでザハレへ。

所要約
1時間、3000LP/per

シャトークサラのワイン工場を見学。(見学時間約1時間)


 ↓


バールベック観光。入場料12000LP/per。


※なぜか1枚だけは学生チケットで割引してくれた。

 学生料金は7000LP/per。


 ↓


バールベックの宿に宿泊。

ドミトリーLP15000(US10)/per。

 

 

 

 

2009年12/2(水):5日目(全工程334日目)>


バールベックからセルビスでシュトゥーラへ。


所要約
1時間、3000LP/per


 ↓


シュトウーラから乗り合いタクシーでダマスカスへ。


所要約
2時間、10000LP/per