○○のお店 本文へジャンプ



エチオピアのまとめ


          ※クリックすると拡大します。





エチオピア経費 15日間


●食 費:B1764.0(約13,230JPY


●宿泊費:
B1215.0(約9,113JPY)/15


●雑 費:
B322.1+US$40(約6,096JPY


●土産代:
B76.0  (約570JPY


●観光費:
B487+US$475(約47,353JPY


●交通費:B369.9 (約2,774JPY


●移動費:
B430.0 (約3,225JPY


(長距離バス:3回)


●航空券代:70,908JPY(カイロ⇔アディスアベバ往復二人分)

 


B1=約7.5円(20098月現在)


移動費・土産代を除く、1日あたりの平均

・・・B277.2+US$34.3(約5,235JPY)


合計:B4514+US$515+70,908JPY (約152,143JPY)

 



⇒もし、4WDをチャーターしていなかったら・・・



移動費・土産代を除く、1日あたりの平均

・・・B270.5+US$2.7(約2,277JPY)



エチオピアの行程

2009年8/29(土):1日目(全工程239日目)>


エジプトのカイロ空港8/29(土)2:20発⇒アディスアベバ

8/29(土) 8:15着エチオピアン航空の便に乗る。


 ↓


アディスアベバの空港にてビザ取得。US$20/per。


※本来顔写真が必要とあるが「顔写真を忘れたからどこか

 で写真を撮れないか」とビザの窓口で相談したら

 アッサリ「写真なくていいよ」と言われ、5分くらいで

 手続き完了。


 ↓


ミニバスを捜したが見つからず・・・仕方なく流しのタクシ

ーで中心街へ向かう。空港からピアッサ地区まで所要

40分、B50。絶対外国人料金であろう・・・。


※エアポートタクシーではB80と言われた。


 ↓


アディスアベバの街を歩く。


 ↓


ピアッサの宿に泊まる。ダブルB70、バス(ホットシャワ

ー有)・トイレ別。電源は取れるが、夜は毎日断水。

 

 



2009年8/30(日):2日目(全工程240日目)>


近隣の村:ティヤへ日帰り観光。

マルカート近くのバス停から、小型のバスで所要約2時間

半。往路:B26/per、復路:B20/per。


 ↓


ティヤの世界遺産を見学。

見学料B50/per強制ガイド付き。


 ↓


昨日の宿に連泊。

 

 



2009年8/31(月):3日目(全工程241日目)>


マルカート近くのバスターミナルから、バスでアルバミン

チへ。バスは1日1本、毎朝5:00発(ターミナルの開門は

4:30)。
所要約13時間、B82/per


※チケットは前日売り出しなので、できるだけ早めに確保

 しておくべし。チケットには一応シートナンバーが記載

 されているが、守る気が無い人が多く、しかも乗務員の

 チェックも甘いため出発までバス内は混乱した人間で溢

 れる(当然出発時間は遅れる)。


 ↓


アルバミンチのセカラ地区に宿泊。ダブルB90、バス

(ホットシャワー無)・トイレ別。電源は取れるが、停電や

断水はしばしば起こる。

 

 



2009年9/1(月):2日目(全工程241日目)>


南部周遊のためのツアー捜しに街を歩く。


 ↓


昨日の宿に連泊。

 

 

2009年9/2(火):3日目(全工程242日目)>


3日間TOYOTAのランドクルーザーをチャーターして、

少数民族の村を周遊&写真撮影。 3日間でUS$475、

ドライバー・ガソリン・車両保険・入村料込み。


 ↓


1日目:8:30アルバミンチ発→コンソ村→ウェイト村→

エルボレ村→トゥルミ村15:00着。


 ↓


トゥルミの宿に宿泊。ダブルB150、バス(ホットシャワ

ー無)・トイレ付。

自家発電のため電源は取れず、水も断水することがある。

 

 



2009年9/3(木):6日目(全工程244日目)>


2日目:8:30トゥルミ村発→オモラテ村→トゥルミ村→

カイア・ファール村17:00着。


 ↓


カイアファールの木曜マーケットを観光。


 ↓


カイアファールの宿に宿泊。ダブルB150、バス(ホット

シャワー無)・トイレ付。電源は取れるが暗い時間帯のみで

22時ごろから自家発電も停止する。水も断水することが

ある。

 

 



2009年9/4(金):7日目(全工程245日目)>


3日目:8:30カイアファール村発→9:30ジンカ着。

ドライバーのみアルバミンチへ戻る。


 ↓


カイアファールの宿に宿泊。ダブルB50、バス(ホットシ

ャワー無)・トイレ別。電源・水は比較的安定しているが、

他の村に比べればの話。

 

 



2009年9/5(土):8日目(全工程246日目)>


ジンカ土曜マーケットを観光。

途中で出会った公式ツーリストを雇う。マーケットの案内

のみでB60/group(結果的に4時間くらいだった)。


※ジンカマーケットで民族写真撮影を試みる場合は現地

 ガイドがいたほうが絶対的に有利。基本的にエチオピア

 に共通するフォトルールは大人と子供B2・赤ん坊B1だ

 が、現地人ギャラリーが寄ってくるとよってたかって

外国人からボろうとするので、料金がうなぎのぼりに

なってしまう。 ちなみに我々は現地ガイドに交渉して

もらったにもかかわらず、ジンカではひとりB3~5支払っ

た(その他の村での撮影や歩行中の民族を撮影した場合は

全てフォトルール通りだったのに)。ただ、ムルシ族につ

いてはB2より高く請求されるのが当たり前らしい。


 ↓


ガイドの案内でコーヒーセレモニーの一部始終を見学。

B20/per。


その途中でガイドが呼んだ128歳の現役じいちゃん登場。

長寿祈願にB5/per支払う。


 ↓


昨日の宿に連泊。



 

 



2009年9/6(日):9日目(全工程247日目)>


バスでアルバミンチへ。バスは1日1本、毎朝6:00発(ター

ミナルの開門は5:30)。
所要約9時間、B49/per


※チケットは前日売り出しで、先日のアルバミンチからの

 バスが到着するとそのバスの乗務員がチケットを発売

 するシステム。非常に非効率的。我々はバスが14:00頃

 到着と言われ13:30からスタンバっていたが、結局

 到着したのは17:30。しかもバスがターミナルに入った

 途端チケット目当ての人間が一斉に走り出し、早いもの

 順で列を作る。 我々の場合、数人前でチケットが売り

切れてしまったのだが、13:30から待ってたことを知る

ターミナルスタッフの口添えでなぜか特別に発券してくれ

た。 バス内の状況は前回と同じで、どうしようもない。


 ↓


アルバミンチの宿に宿泊。ダブルB75、バス(ホットシャ

ワー無)・トイレ付。電源は取れるが、断水や停電はしばし

ば起こる。

 

 



2009年9/7(月):10日目(全工程248日目)>


ドルゼ村の月曜マーケットを日帰り観光。


所要約
1.5時間。往路:B14/per、復路:B16/per


※しかし往路・復路ともに小型バスの定員がいっぱいに

 なるまで発車しないので、乗り込んでから発車まで

 1時間以上待つことはザラである。


 ↓


昨日の宿に連泊。

 




2009年9/8(火):11日目(全工程249日目)>


アディスアベバ行きバスチケットの入手に失敗し、

アルバミンチに追加滞在。


 ↓


昨日の宿に連泊。

 

 



2009年9/9(水):12日目(全工程250日目)>


バスでアディスアベバへ。バスは1日2本、毎朝6:00発

(ターミナルの開門は4:00)。
所要約13時間、B85/per


※チケットは前日8:00にオフィス売り出しだがオフィス

 窓口がいくつもあり、日によって売り出す窓口が違う

 らしいので、当日朝早めにターミナルへ行きどこで

 チケットを売り出すのか聞き込みが必要(7:30頃には

 列が出来ている)。 我々はジンカから到着した日に

 その旨をスタッフに聞き翌日8:00にオフィスへ向かっ

 たが、聞いていたオフィスと売り出した窓口が違ってい

 てそれを発見できず、チケットの入手に失敗した。

その日の夕方、ターミナルにたまたまいたおじさんに事情

を話すと、偶然にも彼がバス会社スタッフと知り合いで

チケットの販売をこっそり確約してくれた。

発売当日の7:30からオフィスの列に並んでいると親切な

おじさんがわざわざ我々のために登場し、バス会社スタッ

フに連絡を取って優先的にチケットを入手出来た。


 ↓


アディスアベバ、ピアッサの宿に宿泊。ダブルB60、バス

(ホットシャワー有)・トイレ別。電源は取れるが、夜は毎

日断水。

 

 



2009年9/10(木):13日目(全工程251日))>


トモカコーヒーというコーヒー専門店でコーヒータイム。


※メニューはエスプレッソ・カプチーノ・マキアート・

 カフェラテの4種類。自社のコーヒー豆を始め、

 土産用グッズも売っている。


 ↓


フィルオハホテルへ温泉につかりに行く。1等B15/per

45分まで。順番が来るまで40分くらい待った。


※国内に温泉施設はここしかないため、いつも非常に混雑

しているらしい。その中でもファミリールームは待ち時間

が比較的少ないらしく30分~1時間、シングルルームは

3時間以上待つことも珍しくないらしい。


 ↓


昨日の宿に連泊。

しかし部屋のランクをひとつ上げて移動したので、B70。

 


 

2009年9/11(金):14日目(全工程252日目)>


アディスアベバ滞在。


 ↓


昨日の宿に連泊。


※余談だが、今日はエチオピア暦の元旦らしい。

 

 



2009年9/12(土):15日目(全工程253日目)>


アディスアベバ滞在。


 ↓


ピアッサ地区から空港までタクシー。

所要約40分、50B。


 ↓


アディスアベバ9/12(土)21:35発⇒カイロ9/13(日

)2:30着、エチオピアン航空の便に乗る。