○○のお店 本文へジャンプ



エジプトのまとめ


          ※クリックすると拡大します。




エジプト経費 17.5日間


●食 費:LE1086.5(約17,927JPY


●宿泊費:
LE755.0 (約12,458JPY)/15


●雑 費:LE410.5+US$30(約9,473JPY


●土産代:
LE103.0
(約1,700JPY


●観光費:
LE2257.0
(約37,241JPY


●交通費:
LE246.0 (約4,059JPY


●移動費:LE650.0+US$120(約21,525JPY


(長距離バス:6回、国際フェリー:1回)


●日本への送料、その他

 


LE1=約16.5円(20099月現在)


移動費・土産代・送料を除く、1日あたりの平均

・・・LE271.7+US$1.7(約4,636JPY)


合計:LE5780+US$150JPY (約108,870JPY)



エジプトの行程


2009年9/13(日):1日目(全工程254日目)>


カイロ空港2:30着。


 ↓


カイロの宿に宿泊。ドミトリーLE35/per(朝食つき)。

 

 



2009年9/14(月):2日目(全工程255日目)>


考古学博物館観光。

入場料LE60/per(ミイラ館は別途LE100/per)。


 ↓


昨日の宿に連泊。

 

 



2009年9/15(火):3日目(全工程256日目)~2009年9/16(水):4日目(全工程257日目)>


宿主催の白・黒砂漠一泊二日ツアーに参加。

US$75(LE425)/per。


※ベニス細川のツアーは、言うほど親切ではないので

 期待し過ぎないほうが良い。

 

 



2009年9/17(木):5日目(全工程258日目)>


カイロのトルゴマーンバスステーションからイスマエー

レーヤへ。
所要約2.5時間、LE9/per


 ↓


イスマエーレーヤから乗り合いタクシーでサウードへ。

所要約1時間、LE5.5/per。


 ↓


サウードから乗り合いトラックでサーンイルハガル前の

道路でおろしてもらう。所要約20分、LE1.5/per。


 ↓


サーン・イル・ハガル観光。


 ↓


行きと同じ経路でカイロへ戻り、昨日の宿に連泊。

 

 



2009年9/18(金):6日目(全工程259日目)>


ハーン・ハリーリでお買い物。

宿周辺からタクシーで所要約10分(徒歩30分)、LE10。


 ↓


昨日の宿に連泊。

 

 



2009年9/19(土):7日目(全工程260日目)>


ギザの3台ピラミッドを観光。

フィールド入場料LE60/per。(内部は別途)


 ↓


トルゴマーンバスステーション17:00発の夜行バスで

アスワンへ。
所要約17時間、LE100/per

 

 



2009年9/20(日):8日目(全工程261日目)>


イシス神殿のあるフェリーポートまでタクシーでLE35

(往復・港の入車料・待ち時間込み)。その後イシス神殿の

ある島へ渡るフェリーが所要約20分、LE25/per。


 ↓


イシス神殿観光。入場料LE100/per。


 ↓


アスワンの宿に宿泊。ツインLE35、バス・トイレ・

エアコン付き。朝食は一応あるが、簡素なパンなので

あまり当てにしないほうがいい。

 

 



2009年9/21(月):9日目(全工程262日目)>


アブシンベルに移動。所要3.5時間、LE25/per。


 ↓


アブシンベル神殿観光。入場料LE90/per。


 ↓


アブシンベル神殿の夜間イベント「音と光のショー」を

見学。入場料LE75/per。


 ↓


アブシンベルの宿に宿泊。ツインLE120、バス・トイレ

エアコン付き。

 

 



2009年9/22(火):10日目(全工程263日目)>


アスワンに移動。所要3.5時間、LE25/per。


 ↓


アスワンのバスターミナルにてルクソール行きのバスを

5時間半待つ。


 ↓


ルクソールへ移動。
所要約4時間、LE25/per


 ↓


ルクソールの宿に宿泊。ツインLE50、バス・トイレ・

エアコン付き。


※受付が若い兄ちゃんだと対応◎だが、おっさんだと

しつこくツアーに勧誘される。

 

 



2009年9/23(水):11日目(全工程264日目)>


レンタサイクルをする。

6時間くらい(適当)でLE10/per。


※ハズレのチャリンコも多いので、事前チェックが大切。

 また最初LE20とふっかけられたが、観光案内所で

 LE10くらいと相場を聞いていたのでそう言うと結構

 アッサリ下がった。地元情報には弱いのかもしれない。


 ↓


公共フェリーを使って西岸へ。

往復LE2/per、自転車の追加料金は取られない。


※個人フェリー所有者が高額をふっかけて勧誘してくるが

 使用メリットは無いので無視すべし。


 ↓


熱心に勧誘してきたタクシー運転手を信じ、王家の谷まで

片道タクシーを利用。所要約15分、LE25。

チャリンコは車上に積み込んで運んでもらった。


※この作戦は大成功!王家の谷は思ったより距離があった

 上に上り坂になっていたので、チャリンコで行くのは

 結構な体力を消費したように思う。

 おかげで帰りは下り坂で非常にラク出来た。


 ↓


王家の谷を観光。入場料(墓3つまで)LE80/per。

場内のミニタクシーは往復LE4/per。


 ↓


ハトシェプスト女王の墓を観光。入場料LE30/per。

場内のミニタクシーは往復LE2/per。


 ↓


東岸に戻る。


 ↓


カルナック神殿観光。入場料LE75/per。


 ↓


ルクソール神殿観光。入場料LE37.5/per。


※本来の入場料はLE50/perだが、窓口職員が割引だと

 言って、LE25の割引と共にLE25/perの学生チケット

 2枚を我々に渡した。おそらく彼は残りのLE25を

 自分の懐に入れたのであろう・・・

 まぁ我々も得をしてるから別に構わないけど。

 


 ↓


チャリンコを返却し、昨日の宿に連泊。

 

 



2009年9/24(木):12日目(全工程265日目)>


17:00発の夜行バスでダハブへ。


所要約
17時間、LE100/per

 

 



2009年9/25(金):13日目(全工程266日目)~2009年9/26(土):14日目(全工程267日目)>


ダハブで海遊びをしながらのんびり過ごす。


 ↓


ダハブの宿に宿泊。ダブルLE30、バス・トイレ別、

ファン付き。

 

 



2009年9/27(日):15日目(全工程268日目)>


シナイ山ご来光ツアーに申し込む。

LE80/per(入場料別US$3)。


 ↓


23:30ダハブ出発。

 

 



2009年9/28(月):16日目(全工程269日目)>


昨夜23:30ダハブ出発。


 ↓


1:30シナイ山登山口着。


 ↓


2:00~5:00ラクダ道を使って登山。


 ↓  


5:40頂上にてご来光を拝む。


 ↓


5:50~7:15階段道に迷い込みながらも下山。


 ↓


9:50シナイ山登山口発。


 ↓


11:50ダハブ着。


 ↓


ダハブの宿に連泊。

 

 



2009年9/29(火):17日目(全工程270日目)>


ダハブで海遊びをしながらのんびり過ごす。


 ↓


ダハブの宿に宿泊。

 

 



2009年9/30(水):18日目(全工程271日目)>


ヌエバア行きの長距離タクシーに乗る。

所要約1時間、LE40。


 ↓


国際船でヨルダンのアカバを目指す。

普通船は所要約5時間、US$60/per(LE395/per)。


※ドル以外での支払いは極端にレートが悪い様子。

 普通船は14:00発予定だが、時刻通りに発着することは

 まずないらしい。

 我々の場合は16時過ぎ発、21時頃着だった。