○○のお店 本文へジャンプ



ボリビアのまとめ

        その1            その2


         ※クリックすると拡大します。




ボリビア経費 8.5日間


●食 費:Bs.517.5 (約7,245JPY


●宿泊費:
Bs.320.0 (約4,480JPY


●雑 費:
Bs.282.5 (約3,955JPY


●観光費:
Bs.1410.0(約19,740JPY


●交通費:
Bs.64.0  (約896JPY


●移動費:Bs.206.0 (約2,884JPY


(長距離バス:
2回)

 


ボリビア
Bs.1=約14円(20093月現在)


移動費を除く、1日あたりの平均

・・・
Bs.359.4 (約5,032JPY


合計:Bs.3055 (約42,770JPY



ボリビアの行程

その1

2009年3/8(日):1日目(全工程99日目)>

国境越えのため、ラ・キアカへ。

バス約
4時間、A25/per


 ↓


周りの人に聞きながら、アルゼンチンのイミグレオフィス

まで歩く。徒歩約
15分。


 ↓


その後さらにボリビアのイミグレオフィスまで歩く。

徒歩約
10分。


※アルゼンチンへの出稼ぎ労働者が列を作っているが、

 旅行者はワープできすぐに手続きができる。


 ↓


国境の街ビジャソンのバスターミナルまで歩く。

 ↓

徒歩約
15分。


ATMしっかりとあります!


 ↓


ポトシ行きの夜行バス。

12時間、Bs.2530(A1215)/per


※未舗装道路のため振動が絶え間ない。またトイレが付い

 ていないため、途中のターミナルでトイレ休憩がある。

 

 


<2009年3/9(月):2日目(全工程100日目)>

早朝ポトシ着。ウユニツアーを探すも結局は自腹でバス

チケットを買いウユニまで行かなければならないツアー

ばかりだったので、やはりウユニに移動することに決定。


 ↓


ポトシ宿泊。ツイン
Bs.70、バス・トイレ共同。

 

 



<2009年3/10(火):3日目(全工程101日目)>


高山病を警戒して、身体を慣らすためポトシで1日滞在。

昨日の宿に連泊。

 

 



<2009年3/11(水):4日目(全工程102日目)>


10;00
のバスでウユニへ移動。

未舗装道路を約
7時間、Bs.40/per


 ↓


日本人の利用客が多い「
Brisa tour」に塩湖ツアーを

申し込み、隣の宿に宿泊。ツイン
Bs.60/per

 

 



<2009年3/12(木):5日目(全工程103日目)~2009年3/14(土):7日目(全工程105日目)>


2泊3日のウユニ塩湖ツアー。Bs.560(US80)/per

チリのサン・ペドロ・デ・アタカマに抜ける。

 

 



その2


<2009年3/27(金):8日目(全工程118日目)>

tour PERU」社のバスでプーノからコパカバーナへ。

7:30
発 所要約3時間、S/.15/per


※ボリビア・ペルーの国境を通る際はパスポートのコピー

 の提出を求められるため、事前準備が必要。


 ↓


11:00
頃コパカバーナ着。


※コパカバーナには両替屋はあるが国際
ATMが無い。

 観光地のため各店で
USドルやペルーソルも使えるが

 レートはあまりよくないので、両替屋で両替してから

 ボリビアーノで買い物する方がいい。

 ちなみにコパカバーナの街の両替屋のレートはどこも

 ほとんど一緒。


 ↓


太陽の島へ。
13:30発 所要約1.5時間、往復S/.15/per

最終便は16:10発。


※どこの旅行会社でチケットを買っても船は全て同じ。

 我々は日帰り予定だったので島内滞在時間
45分ほど

 しかなく、見所が何も見れないまま終了した。

 どうせいくなら
8:30発の便で1日ゆっくりまわるか

 島内に宿泊するのがいい。

 ただし島内の階段はハンパじゃないので、バックパック

 を背負って登るのはかなりの重労働。


 ↓


コパカバーナのホテルに宿泊。

ダブル
Bs.60、バス・トイレ付き 朝食付き。

 

 



<2009年3/28(土):9日目(全工程119日目)>


コパカバーナからラ・パスを経由してティワナク遺跡へ。


コパカバーナ7:00発ラ・パス行きの公共バス(アルマス

広場前発着
)で所要約3.5時間、Bs.15/per

ラ・パスからティワナク遺跡行きミニバスで約
1時間、

往復
Bs.20/per


※コパカバーナ~ラ・パス間は私営ミニバスやタクシーも

 ダイレクト運行しており、ミニバスであれば
Bs.17/per

 タクシーであれば
Bs.25/per

 所要時間はあまり変わらない。


※コパカバーナ~ラ・パス間は途中でチチカカ湖横断の

 ための乗船費用
BS.1.5/perが別途かかる。


※ティワナク遺跡行きミニバスはラ・パスのセメンテリオ

 地区に発着するが、コパカバーナ~ラ・パス行き公共

 バスは偶然にもセメンテリオに発着したので、スムーズ

 に乗換えが出来た。

 またティワナク遺跡行きミニバスは
30分毎に出る。


 ↓


ティワナク遺跡着。観光料Bs.80(子供はBs.10)

おそらく地元民も外国人も料金は一緒。


※近辺にはレストランが一軒といくつかの露店、土産物屋

 がある。土産物はコパカバーナよりも安い。


 ↓


ティワナク遺跡からラ・パス行きミニバスで約
1.5時間、

往復
Bs.20/per。(行きに買った復路チケットを提示。

 会社が違うと追加料金になってしまうので注意。)


※運がいいと、遺跡の奥にあるティワナクの街の広場

 観光に寄ってくれる場合もある。


※本来は1時間程度の道のりだが、途中で地元民を拾った

 り、ある程度人数が集まるまで出発を遅らせたりする

 ので、それにより時間が前後する。


※会社によって異なるかも知れないが、我々の乗った

 ミニバスは復路はセントロ終点でセメンテリオには

 行かなかった。運転手のおじさんに相談すると、


 Bs.10
追加で行ってくれるというのでお願いした。

 ちなみにセントロからセメンテリオまではタクシーで

 Bs.15くらいらしい。


 ↓


ラ・パス
17:15発コパカバーナ行きの公共バスで所要

3.5時間、行きはBs.15だったのに復路はなぜか

Bs.20/per


※往路と同じくチチカカ湖横断のための乗船費用


BS.1.5/per
が別途かかる。


 ↓


コパカバーナ着。昨日の宿に連泊。

 

 



<2009年3/29(日):10日目(全工程120日目)>


日曜日のせいか、いつもより露店や町が活気付く。

午前中教会や土産物屋を観光して、「
tour PERU」社の

バスでプーノからコパカバーナへ。


13:00
発 所要約3時間、S/.15/per


※往路と同じくボリビア・ペルーの国境にてパスポートの

 コピーを提出。


 ↓


(時差-1時間)、プーノ着。4日前に泊まった宿に

再度宿泊。ダブル
S/.30バストイレ付き。