○○のお店 本文へジャンプ



アルゼンチンのまとめ

    その1         その2         その3
          ※クリックすると拡大します。




アルゼンチン経費


【パタゴニア経費】 8.5日間

●食 費:A304.3 (約7,912JPY


●宿泊費:A508.0 (約13,208JPY


●雑 費:A393.0 (約10,218JPY)


●土産代:A165.8 (約4,311JPY


●観光費:A460.0 (約11,960JPY


●交通費:A74.3 (約1,932JPY


●移動費:A2402.0 (約62,452JPY


(長距離バス:5回)

 


アルゼンチンA$1=約26円(20095月現在)


移動費・土産代を除く、1日あたりの平均


・・・
A208.5 (約5,421JPY


合計:
A4339.7 (約112,832JPY

 

 


【アルゼンチン経費まとめ】 3日間(メンドーサのみ)


●食 費:
A250.6 (約6,516JPY


●宿泊費:A210.0 (約5,460JPY


●雑 費:A87.0 (約2,262JPY)


土産代:A22.8 (約593JPY


●観光費:A31.0 (約806JPY


●交通費:A57.3 (約1,307JPY


●移動費:A120.0 (約3,120JPY


(長距離バス:
1回)

 


アルゼンチンA$1=約26円(20095月現在)


移動費・土産代を除く、1日あたりの平均


・・・A211.0 (約5,486JPY


合計:
A777.2 (約20,207JPY

 




アルゼンチンその他

20092/16203/386.5日間)


データ盗難により概算:
A2987.5 (約77,675JPY

 

総合計:A8104.4 (約210,714JPY




アルゼンチンの行程


その1


2009年2/16(月):1日目(全工程79日目)>


現地時間14:00頃にブエノスアイレスのバスターミナルに

着。繁華街まで徒歩。


 ↓


加盟ユースホステルに泊まる。ドミ
A36/per


※会員だと多少の割引になる。
(20%前後)

 

 



2009年2/17(火):2日目(全工程80日目)>


コロニア・デル・サクラメントへ日帰り。


普通船で片道約
3時間、往復料金A122/per


※高速船は高いけど速い、所要約
50分。高速船・普通船

 共に平日日帰り特別料金が設定されている
(今回は

 そのシステムを使用
)


 ブエノスアイレスのフェリーターミナルで出入国手続き

 をするため、乗船1時間前に集合する。今回の帰便は

 なぜか1時間も遅れて4時間も乗船していた。


 ↓


ユースホステルに連泊。

 

 



2009年2/18(水):3日目(全工程81日目)>


昼間、ブエノスアイレス市内観光。地下鉄A1.1/per

コレクティーボ
A1.2/per


※コレクティーボは紙幣が対応していない車載販売機で

 のみの対応となるので注意。


 ↓


ブエノスアイレスから長距離バスでプエルト・イグアスに

向かう。約
17時間、A176/per

 

 



2009年2/19(木):4日目(全工程82日目)>


10:00過ぎにプエルト・イグアスのバスターミナルに着。

目の前のユースホステルに荷物を置いてブラジル領事館へ


VIZA
の申請に行く。


 ↓


しかし、時すでに
11:05

VISA発給には2時間かかるから今日はもう時間が

足りない、明日また来い”的なことを言われ・・・

申請書類だけ渡されて門前払い。


※写真
(4×4)が1枚必要。プエルトイグアスの写真屋で

 撮影可、即日。
2/A5


 ↓


ユースホステルに宿泊。ドミ
A34/per

 

 



2009年2/20(水):5日目(全工程83日目)>


朝一番(8:00)でプエルト・イグアスのブラジル領事館へ

行き
VISAの申請、A190/per


※ここでのシングルビザ発給は所要2時間と一般的に

 言われているが、
11:00までに持ち込めば全員13:00

 に出来上がる仕組みらしい。

 結果、
13:00まで待つことに。


 ↓


13:00
過ぎ、無事にVIZA取得。バスターミナルから

フォス・ド・イグアス行きの国境越えバスに乗る。

40分、A3/per


※アルゼンチン出国時は全員がバスを降りるため待って

 いてくれたものの、ブラジル入国手続き時は一部しか

 必要ないらしくバスが行ってしまい、次のバスがなかな

 か来ない。チケットを持っているので同じ会社のバス

 ならさっきの
A3が通用するが待ちくたびれて、

 他社のバスを利用。更に
A3/per支払う。

 

 



その2

2009年3/3(火):6日目(全工程94日目)>


クロリンダで出入国手続きを済ますも、バスターミナルへ

着くと我々が乗る予定のバス会社が無い。仕方が無いので

タクシーで移動することに。約
10A/15per


 ↓


サルタ行きの長距離バスに乗る。

16時間、A110(Gs.143000)(R80)/per

 

 



<2009年3/4(水):7日目(全工程95日目)>


サルタ着。

バスターミナルに客引きに来ていたお兄さんの宿に宿泊。

ドミ
A30/per

 

 



<2009年3/5(木):8日目(全工程96日目)~2009年3/7(土):10日目(全工程98日目)>


ウマワカ渓谷3日間ツアーに参加。A375/per


1日目:雲の列車のルート。所要約14時間。


2日目:カファジャテルート+ボデガ見学。所要約11時間

3日目:ウマワカルート。所要約9時間。

途中のフフイで降ろしてもらい、フフイに宿泊。

ツイン
A30/per

 

 



<2009年3/8(日):11日目(全工程99日目)>


国境越えのため、ラ・キアカへ。

バス約
4時間、A25/per


 ↓


周りの人に聞きながら、アルゼンチンのイミグレオフィス

まで歩く。徒歩約
15分。


 ↓


その後さらにボリビアのイミグレオフィスまで歩く。

徒歩約
10分。


※アルゼンチンへの出稼ぎ労働者が列を作っているが、

旅行者はワープできすぐに手続きができる。


 ↓


国境の街ビジャソンのバスターミナルまで歩く。

徒歩約
15分。


ATMしっかりとあります!


 ↓


ポトシ行きの夜行バス。

12時間、Bs.2530(A1215)/per


※未舗装道路のため振動が絶え間ない。またトイレが付い

 ていないため、途中のターミナルでトイレ休憩がある。

 

 



その3[パタゴニア]

<2009年5/17(日):12日目(全工程167日目)>


チリのプエルト・モン13:00発のサン・カルロス・デ・

バリローチェ行きに乗る。
C13500/per


 ↓


20:00
頃バリロ-チェ着。


 ↓


「地球の歩き方」に乗っている宿に宿泊。

ドミ
A38/per

 

 



<2009年5/18(月):13日目(全工程168日目)>


名産のチョコレートを食べる。


 ↓


チョコレート博物館へ。入場料
A30/per


 ↓


リオガジェゴス行きのバスに乗るためターミナルに向かう

も、昨日の国境越えで1時間時間が進んでいたことに

気づかずバスを逃す。バス代
A170/perと明日の

乗り継ぎ便変更手数料
10%の12/per、ふたり合わせて

A364の損害。


 ↓


仕方なくバリローチェにもう一泊することに・・・

ターミナルにいた客引きが紹介してくれた宿へ。

ダブル
A70

 

 



<2009年5/19(火):14日目(全工程169日目)>


今日こそリオガジェゴス行きのバスに乗る。


PATAGONICO
社のバスで乗り継ぎ地のコモドロまで

所要約
15時間、A145/per

 

 


<2009年5/20(水):15日目(全工程170日目)>


6:30頃 乗り継ぎ地のコモドロに着き、同じバスであり

ながらも強制的に降ろされる。


 ↓


8:00
頃 リオガジェゴス行き発。

所要約
11時間、A120/per


 ↓


20:00
すぎリオガジェゴス着。

TAQSA
0:30発のエル・カラファテ行き最終便チケット

の購入を試みるも空席が一席しかないと言われる。

一席なら何とかなるかも!とお客さんが全員乗ったのを

見計らって、運転手にキャンセルが出てないか直接交渉。

甲斐あって2つの空席を確保し、エル・カラファテへ。

所要約5時間、
A45


 ↓


午前
2:00頃エル・カラファテ着。ターミナルに客引きに

来ていたお姉さんの宿に連れて行ってもらう。

ツイン
A30/per

 

 



<2009年5/21(木):16日目(全工程171日目)>


ホテルスタッフが朝一番でロス・グラシアレス公園ツアー

を手配してくれたので、ペリト・モレノ氷河観光へ。

ツアー代
A90/per

別途で国立公園
2日間有効入場券A60/per

フェリー代
A35/per


 ↓


昨日の宿に連泊。

 

 



<2009年5/22(金):17日目(全工程172日目)>


カラファテにて体力温存。ターミナル近くに宿を移す。

ドミ
A30/per

 

 



<2009年5/23(土):18日目(全工程173日目)>

TAQSA社の早朝3:00発リオガジェゴス乗り継ぎウシュ

アイア行きに乗る。所要約
16時間、A$225/per


 ↓


バスターミナルに客引きに来ていたお姉さんたちの宿に

マイカーで連れて行ってもらう。ドミ
A30/per

 

 



<2009年5/24(日):19日目(全工程174日目)>

ウシュアイア市内観光。


観光案内所で記念スタンプをもらう
(無料)


 ↓


海洋博物館と元監獄を見学、入館料
A30/per

記念スタンプをもらう
(無料)


※残念ながら「世界の果て博物館」は冬季は日曜休館。


 ↓


昨日の宿に連泊。

 

 



<2009年5/25(月):20日目(全工程175日目)>


TAQSA社の早朝3:00発リオガジェゴス行きに乗る。

所要約
11時間半、A$180/per


 ↓


ANDESMAAR
18:00発のメンドーサ行きに乗る。

所要約
42時間、A461/per

 

 



<2009年5/26(火):21日目(全工程176日目)>


バス移動。

 

 



<2009年5/27(水):22日目(全工程177日目)>


13:00頃メンドーサ着。

 

 



その4

<2009年5/27(水):22日目(全工程177日目)>

13:00頃メンドーサ着。 旦那様のバックパックが忽然と

消え、警察へ行って盗難証明をももらう。


 ↓


バスターミナルの客引きおじさんに紹介された宿に宿泊。

ツイン
A70

 

 



<2009年5/28(木):23日目(全工程178日目)>


レンタル自転車でボデガ巡り。


 ↓


昨日の宿に連泊。

 

 



<2009年5/29(金):24日目(全工程179日目)>


メンドーサ滞在。昨日の宿に連泊。

 

 


<2009年5/30(土):26日目(全工程180日目)>

11:30の便でサンティアゴへ。

ロス・エロエスターミナルまで送ってもらう。